診療時間

診療時間
午前:10:30~13:30××
午後:15:00~19:00×××
月曜, 火曜, 水曜, 金曜
午前:10:30~13:30 / 午後:15:00~19:00
土曜
午前:10:30~13:30
休診日:木曜, 日曜, 祝日

ニキビピーリングは必要な技術です。
さらに肌を綺麗にするためには、ビタミンCローションピーリングローション美白剤の3点を併用して使いこなすことが大切です。

ニキビは一個治っては一個出来て慢性に経過する病気であり、肌質を改善して二度とできなくするのは困難です。

抗生剤内服やピルなどの治療でも効果は一時的であり継続的な治療が必要となることから、当院では毛穴の詰まりである角栓に作用するピーリングにより塗り薬で継続的な治療を行う事を勧めています。

ピーリングは本来美顔術なので肌を綺麗にすることができます。

さらに肌を綺麗にするためには、ビタミンCローションと美白剤(ハイドロキノンやwhite377)を併用し、とくにビタミンCローションはパックするとより一層効果的です。

詳細は院長からのお話をご覧下さい。

ほぼ20年間におよぶピーリングについての総括

2000年に先輩に教わってはじめてほぼ20年になろうとしてますが、「ピーリングだけの医院ね」とか揶揄さえながらも、とくに「ピーリングは肌に負担をかける」という誤解に阻まれながらも、めげることなくそれに向きあってきた医院は日本にも世界にもなかなかないと思います。さすがに安全な技術といっても差し支えないのでしょうか。

もともとピーリングはシワ取りの技術として始まりましたが、TCAとかフェノールのような強い酸は副作用により衰退していったと思います。硫酸のような強酸では薬傷がおこるので、弱酸でないとだめでその代表がグリコール酸になります。

ピーリングとかは、頭でその使用方法が理解できるものではなく、経験的なものなので使ってはじめてその意味が分かってくるものです。家内の研究開発の部分を読んでみてください。まさに家内が体験しているように、こうして継続的に使用すると、グリコール酸でしか得られない感覚が実感できると思います。ニキビができにくい感じがわかりやすいのでしょうが、肌がきれいになるという本来の意味が理解できると思います。

ピーリングは普通1%から始めます。当初は家内とかはこうしたことが得意なんので5%から始めてました。それは塗り方が丁寧で保湿とかも上手にできるからそれが可能でした。それが3%、1%と下がって現在にいたります。ピーリングの強度は濃度だけできまるではなく、塗る量、塗り方、まじめに保湿するかどうかなどのいろいろな因子の影響をうけます。若い男性とかは特に保湿とかに慣れていないので1%のように低い濃度が使いやすいわけです。それでも普通十分その効果はわかります。以前0.5%とかも用意していましたがだれも使わないので作らなくなりました。
1%を下回ると薄すぎるということではないでしょうか

ここで誤解を生じやすいので追記しますが、毎日やって全く乾燥もしないような無理のない濃度ではじめましょうという意味です。家内がいきなり5%から使いはじめたように、後から書くように15%で毎日やっても全然平気なひともいたり、1%でなくてはならないということではなくて、毎日やっても乾燥もしない、刺激も感じない低い濃度でやりましょうという意味です。ただこれは使ってみてわかってくるものでですから、やはり一般的には1%からはじめたほうが無理がないということになると思います。

グーグルマップの口コミでも書かれていたように、患者さんのほうからピーリングを能動的に理解する必要があるわけです。家内のようなら使用方法を比較的容易に会得し上手につかえるわけですが、こうしたことに慣れてない人にとっては使い方を習得するに努力する必要があります。これを助けるのが私の仕事なのでしょうが、不足する部分もあるかと思いこれを書いています。使用する濃度は、これが解釈を難しくする1大要因と考えますが、まれに15%とか平気で毎日やるひともいます。1%をピークに徐々に減っていく感じです。これは弱酸だからあまり電離しないので(?)濃度をあげても劇的にちがってこないからだと思います。人によって違うので、いろいろな濃度はやはり必要ということになります。

はじめすこし乾燥したからですぐ投げ出さないでください。またそのうち必ずやりすぎて肌荒れがおきますけど、この肌あれは簡単になおりますし、変な話ですがピーリングをマスターするうえで必要不可欠な過程になります。

ピーリングの使い方の最大のポイントは高い濃度で時々やるのではなく、低い濃度で継続的にやることです。その端的な例が1%で毎日やりましょうという当院の例です。肌をきれいにするにはいかに安定した状況を作りだすかが最大の秘訣です。ビタミンCローションのパックとかもこれに寄与しているのではないでしょうか。高い濃度で乾燥したりしなかったりを繰り返す、そうした刺激は肌をきれいにしないということです。かぶれたりするのは論外です。あとグリコール酸は洗い流さなくていいので、ピーリング石鹸はグリコール酸が残留して効果が発現するのに折角の効果を減弱させることになります。またサリチル酸は毎日できないと思います。同級生に「佐々木君は昔からくだらないことをいつもずっとやっているのよね」といわれましたが、まさにその通りでいささかバカっぽく地味な性格で継続してきたからこそこの結論につながっています。最近、年配の方といえば失礼かもしれませんが、本来の目的であるシミやシワのためにピーリングを始める人が増えてきたことは嬉しいことです。もちろんピーリングだけですべて賄えるわけではないと思いますが、グリコール酸は他では味わうことのできないすぐれた技術だと思います。繰り返しますが、家内の書いた研究開発の部分を読んでみてください。毎日使用している人のリアルな感想が生き生きと書かれています。あと若い人はピーリングはじめると当初ニキビが増えると思っている人がネットの噂のせいか最近多くて、あまりニキビのない人も抗生剤の内服をほしがりますがそれは誤解です。出だしがマチマチなだけで様子を見ながら毎日やらなければいいだけの話です。

補足ながら、ニキビに対しての効果は、ビタミンA誘導体(レチノイン、ディフェリン)や過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)はわかりずらいと私は思っています。野菜たべたらニキビが治るのか、12時から8時間ねたら直るのか、とかすでに自分でやっていてそれが無駄なこと知りつつ、医院だからかもしれませんが聞いてくる問答にさすがに私も辟易しつつあります。私の説明不足も多々あるでしょうから、こうして書かせてもらいました。

ピーリングを始めるとニキビが増えると感じ人がいる理由について

普通ピーリングを始めると、ツルツルする感じは数時間もすると理解できて、ニキビが1個もできないといわけではないですけど、2~3週間もすると「できにくい感じ」と「できてもこもらずになおる感じ」がすこしはわかってくると思います。よくみんなが好転反応と呼ぶような、はじめはニキビが増えてそれからニキビが減少するという経過をたどるわけではありません。ではなぜニキビが増える感じを覚えるかとというと、ピーリングで「肌荒れ」いいかえると「カブレ」が起きているからではないかと私は思っています。

5%でいきなり上手に使う人もいれば、1%で4日使っただけでもかぶれる人はかぶれてしまいます。当然のように、数日のツルツル感は記憶からなくなり、ピーリング初めたらただかぶれたという印象だけが残ってしまいます。この4日で、しっかり保湿していたのか、ホームピーリングの説明にあるようにコットンでぬるので、残りがもったいないから何回もぬっていたのかは、残念ながら判然としないものです。

このときのカブレがニキビとは明らかに異なり、全体に乾燥するとか、白く小さくプツプツする(これを白ニキビと勘違いする人もいるかも)ようなもので、かぶれていると本人が理解できれば問題はまだ小さいのです。ピーリングを一時的に中止すればいいわけですから。問題なのは、カブレもニキビも時として赤いブツブツにすぎないわけで、決して珍しくないのですが、赤いブツブツが大きくなるとほとんどニキビと判別がつかなくなった場合です。かぶれたらピーリングは中止、ニキビならピーリングは継続と話してますから、ニキビと判断するとピーリングを継続することになり、カブレはより悪化してしまいます。ピーリングはじめたらニキビが増えたということになるわけです。

全く治療していない状態でも、ニキビとカブレは肉眼で見ただけでは判別が難しいことがよくあります。カブレは、乾燥を伴い普通は痒みが強いと話していますが、ニキビがすこしぐらい痒いのはざらですし、カブレが痛いのもよくあることです。なかなか典型的には出揃わないことのほうが多いくらいです。ピーリングを初めてかえってブツブツして、「ニキビか?カブレか?どちらか見ただけではわからない」と私が答えて怒っていた患者さんもいました。肉眼で見ただけではニキビかカブレは区別がつかないことは珍しくないのです。

じゃあどうすればいいのかというとブツブツしてきたら、ニキビではなくて、カブレではないかという疑問をいつももってほしいということです。そして現況をもう一度よく見直して、「乾燥していないか」「痒みや痛みがいつものニキビと違わないか」を問い直してみてください。カブレならば漠然とながらニキビと異なる感じが理解でできることが多いと思います。そうすれば、ピーリングを中止すればいいわけですから。前章でも書いたように、ピーリング問題なければ毎日やりましょうと初めから説明してます。ただし乾燥したりブツブツ変な感じがあったら休みましょうと必ず注意をしているはずです。説明の仕方が悪いのかもしれませんが、毎日やりましょうだけが頭に残るのか、ブツブツしてきても毎日平気でやってくる人も多いです。ではこのカブレを防ぐにはどうすればいいかというと、やはりしっかり保湿することと普通にぬってかまわないので塗りすぎないというピーリング使用の原点に戻ってきます。
ピーリングについて多少懐疑的で慎重に始めた人のほうが結果がいい(ぬりすぎたりしないから)とか、美容とかになれていない女性とか若い男の人とかのほうが結果が悪い(保湿になれていないし、乾燥しているのにも気づきにくいから)などの私の経験則はこの考察とよく一致しているように思います。

繰り返しますが、ピーリングはただ塗ってればいいというものではなくて、積極的に習得していかなければならないものです。その習得過程は、個人差が強く、家内のように生来のセンスが高いと女性と、一般的には保湿とかもおぼつかない若い男性とでは大きく異なると思います。その家内でさえ実際のところ当初は強い濃度でやって私に罵声をあびせたとか紆余曲折がありました。

ピーリングは100%絶対なのかといえば、全くツルツルしない人も本当にまれにはいます。しかしグリコール酸ピーリングのコツを習得して、かぶれない範囲で長期に使用すると他のもので得ることのできないすぐれた効果が理解できるのではないかと思います。ピーリングを始めてニキビが増える感じがする理由をすべてカブレだけのせいにするのは無理があるかもしれません。しかしその理由の中核をなしていると私は思っています。皆さんの意見をお待ちしています。診察はいつでも開かれていますので、疑問があれば素直に質問していただければと思います。その他APPSローションや美白剤などいいものをなるべく廉価で提供していくつもりでいます。

新着情報

ホームページをリニューアルしました('19.08.29)

この度、当院ホームページをリニューアルし、スマートフォンでの閲覧にも対応いたしました。

また、当院オリジナル医薬品の販売も従来のFAX注文に加え、ホームページ上から直接お買い求めいただけるようになりました。

今後とも当院をよろしくお願いいたします。

要冷蔵医薬品発送時のクール便利用のお願い

冷蔵が必要な医薬品を発送する際に急用などで予定通りに受け取れないことが時々見受けられます。

負担になると思いますが、できる限りクール便を利用するようにお願いいたします。

ニキビや美白の内服を自費で支払うことについて('16.12.06)

内服は自費で負担してもらっていますが、診察料・処方料もかかりませんので 負担は下記のように少ないものです。

抗生剤A 2週間 1,040円
抗生剤B 2週間 900円

シナール1日3錠 2週間 300円
トランサミン1日3錠 2週間 460円
ビタミンE1日3錠 2週間 300円

ビタミンB2 1日2錠 2週間 300円
ビタミンB6 1日2錠 2週間 300円

ビタミン4週間ならば、これの2倍です。
これ以外には購入したものの値段しかかからないので、安心して来院してください。

Facebook